どんな側面を考慮しても納骨堂は推奨できます。

棺の上に置かれている綺麗な花

注目を集める存在

骨壷を持っている男性

「お墓」よりも比較的安い価格で納骨できる方法として、「納骨堂」というものが注目を集めてきています。
今回は、その「納骨堂」に関する習慣や、専門的な知識について、解説させていただきます。「納骨堂」を利用する際には、必要な知識となりますので、これを機会に頭に入れておきましょう。
まず、「納骨堂」の基本スタイルは、「個人墓」と呼ばれるもので、個人個人に、それぞれのスペースが与えられる形になります。従来の「お墓」の場合は、「家墓」と呼ばれるスタイルで、親族の遺骨を共同で納める形となります。「個人墓」とは真逆ですね。
あと、重要な専門知識として理解して欲しいのが「永代供養」というものです。「永代供養」とは、お墓の承継者がいなかったとしても、代わりに寺院などが、供養/管理をしてくれるというものです。
基本的には、三十三回忌までは寺院が行い、その後は合祀墓の方に合祀されて、継続されていくという仕組みです。
次に「永代使用権」についてです。こちらは、簡単に言うと、お墓を使用する権利になります。管理費を支払っている間は、そのお墓を使い続けることができるというものです。
「納骨堂」の場合、建物の中に納骨する形になるので、厳密には「永代使用権」ではなく、預かってもらう権利になります。
ただ、「永代使用権」が付与されている「納骨堂」も中には存在していて、こちらの場合は、従来の「お墓」における「永代使用権」と同じ扱いになります。

手間を減らそう

仏壇

納骨堂を選ぶ際に、やはり行きやすさって大事になってきますよね。できるだけ楽に行けるような場所を吟味していくことを考えて選択する必要があります。忙しい時でもこれで安心です。

お金をかけずに

仏花

経済的に厳しい家庭にいる方は、できるだけ支出を抑えておきたいところです。しかしそれでも出来る限りのことはしてあげたい。そんな方に神のような納骨堂が東京には存在します。

安全面を徹底

金色の仏壇

納骨堂では、大切なあなたの家族の遺骨を100%守りぬくことをお約束致します。一般的な墓地だと、正直何が起こるのかわかりませんし、何か起こってからでは遅いので、よく考える必要があります。